トップ > 生産・供給 > 通気工法

通気工法 | 換気棟は株式会社hauseco(ハウゼコ)

外壁内部を除湿して建物を守る通気工法 | ハウゼコ

ハウゼコ通気工法の説明図大壁仕様による外壁の隠蔽部に仕込まれた断熱材の性能に影響を及ぼす要因の一つが、湿気であることはよく知られていますが、この湿気を滞留させないために排湿を目的として設けられるのが、外装材と躯体の間に防風バリアにより区画された通気層です。
木造住宅の外壁の隠蔽された空洞部には、室内からの湿気が侵入したり、仕込まれた断熱材の僅かな隙間が原因で、建物内外の温度差による結露が常習化します。外装材と躯体の間に設けられた通気層には、つねに上向気流が流れます。この気流により壁体内に滞留する湿気を吸い出すことで、湿気の飽和状態を抑制し、結露を防ぐ仕組みが「通気工法」であり、木造の耐久性向上に不可欠な条件とされています。
しかし残念なことに外壁内の結露やカビが発生する事故が後を絶ちません。外壁内結露事故の多くは、防風透湿シートの僅かな施工不具合が原因とされています。結露によって断熱性能が損なわれたり、構造木部が腐朽に至り、住まいの省エネ効率を低下させ、構造安全性をも脅かすことにつながっています。

外壁内部の隠蔽部分の排湿を目的として開発された通気工法も、躯体外面に張られる防風透湿シートの施工は、シートの継手や端部の押えを完全な状態にしなければ、通気層に含まれる湿気が壁体側に侵入して結露を発生させる現象が起きやすくなります。シートの張り方に膨らみや皺が生じたり、継手部や端部の捲れなどが、その原因とされています。
この通気工法の目的は、壁体内結露を防ぎ木造建物の劣化リスクを抑制することにより、耐久性向上を維持することにあります。品確法における劣化軽減措置の一つに、外壁内通気工法の仕様が評価基準として規定されており、最近ではサイディングなどを外壁に乾式外装材を使用する場合は、ほとんどがこの外壁内通気工法を採用しています。
また現在の住宅保証制度においても、外壁のサイディングは通気工法で施工することが保証条件となっています。

ハウゼコの通気工法の構造