新製品 製品ピックアップ
トップ > 製品紹介 > 換気キーワード

換気キーワード

>>換気棟・棟換気とは

軒下から棟へと換気の流れをつくる換気棟。
軒下に設けた換気(給気)口から外気を取り入れ、屋根の棟(頂部)に設けた換気(排気)口から、小屋裏内にこもった熱気や湿気を排出するのが「換気棟(棟換気)」です。 小屋裏面積の大きさで、使用する換気棟の大きさや数が決められます。 換気棟には、瓦用、平型化粧スレート用、金属用など使用する材料によって、使用する換気棟も変わります。 「換気棟」を取り付けると、温度差による自然換気の働きで、湿気を含んだ空気や小屋裏の熱気を効率よく排気し、冬期の結露や室温の上昇を防ぎます。 また、大学との共同研究「換気役物の小屋裏換気性状に与える影響に関する研究」で換気役物の換気量を確認した結果、「換気棟-軒先換気」は、「軒先換気のみ」の2倍以上に増加させることが示されました。 このことから「換気棟-軒先換気」は、効率的な換気方法であると言えます。

>>小屋裏換気・屋根換気とは

屋根下に熱気や湿気をためない小屋裏換気。
ハウゼコ小屋裏換気図 大壁仕様による外壁の隠蔽部に仕込まれた断熱材の性能に影響を及ぼす要因の一つが、 湿気であることはよく知られていますが、この湿気を滞留させないために排湿を目的として設けられるのが、外装材と躯体の間に防風バリアにより区画された通気層です。
太陽に熱せられた屋根材が高温になり、その直下にある小屋裏が熱気や湿気が滞留しやすい空間になります。 この熱気や湿気を滞留させないために設置するのが〝小屋裏換気〟です。 屋根断熱といわれる屋根裏面に直接断熱材を仕込む外張断熱方式の場合は小屋裏が室内空間扱いとなり小屋裏の換気措置は必要なくなりますが、 天井裏に断熱材を敷き込む充填断熱方式の場合には必須の換気システムです。
充填断熱における木造住宅の小屋裏空間には、室内からの湿気や外気に含まれる湿気の他木材やコンクリートの初期放湿などにより、 建物内外の温度差による結露が発生し易くなります。その結露水が原因で、カビの発生や構造材を腐らせる要原因となります。
小屋裏換気により小屋裏空間に滞留する湿気を希釈することで、 湿気の飽和状態を抑制し結露を防ぐ目的が「小屋裏換気(屋根換気)」であり木造の耐久性向上に不可欠な仕組みとされています。
この「小屋裏換気」の具体的な技術規準は、建築基準法では規定されていませんが、 品確法における「劣化軽減措置」の一つに小屋裏換気の仕様が評価基準として住宅金融支援機構の「木造住宅工事仕様書」を基にした小屋裏の換気必要面積の最低基準が規定されています。
換気方法には、棟換気・妻換気・軒裏換気などの組合せにより小屋裏の天井面積に対して給気口及び排気口の有効換気面積が求められています。

ハウゼコ小屋裏換気孔の設置例 【有効換気面積】(※品確法・木造住宅工事仕様書に準じています。)
小屋裏換気孔は、独立した小屋裏ごとに2ヶ所以上、換気に有効な位置に設ける。 換気孔の有効換気面積は、下記のいずれかの内容とする。

①(妻換気形式) 両妻壁にそれぞれ換気孔(給排気両用)を設ける場合は、換気孔をできるだけ上部に設けることとし、換気孔の面積の合計は、天井面積の1/300以上とする。
②(軒裏換気形式) 軒裏に換気孔(給排気両用)を設ける場合は、換気孔の面積の合計を天井面積の1/250以上とする。
③(軒裏換気・妻換気併用形式) 軒先に給気孔を設け、小屋裏の外気に接する壁面に排気孔を設ける場合は、垂直距離で900mm以上離してそれぞれの換気孔の面積を天井面積の1/900以上とする。
④(棟換気形式) 軒裏又は小屋裏の壁のうち、屋外に面するものに給気孔を設け、かつむね部に排気孔を設ける場合、給気孔の面積を天井面積の1/900以上とし、排気孔の面積を天井面積の1/1600以上とする。

>>通気工法とは

外壁内部を除湿して建物を守る通気工法。
ハウゼコ通気工法の説明図大壁仕様による外壁の隠蔽部に仕込まれた断熱材の性能に影響を及ぼす要因の一つが、湿気であることはよく知られていますが、この湿気を滞留させないために排湿を目的として設けられるのが、外装材と躯体の間に防風バリアにより区画された通気層です。
木造住宅の外壁の隠蔽された空洞部には、室内からの湿気が侵入したり、仕込まれた断熱材の僅かな隙間が原因で、建物内外の温度差による結露が常習化します。外装材と躯体の間に設けられた通気層には、つねに上向気流が流れます。この気流により壁体内に滞留する湿気を吸い出すことで、湿気の飽和状態を抑制し、結露を防ぐ仕組みが「通気工法」であり、木造の耐久性向上に不可欠な条件とされています。
しかし残念なことに外壁内の結露やカビが発生する事故が後を絶ちません。外壁内結露事故の多くは、防風透湿シートの僅かな施工不具合が原因とされています。結露によって断熱性能が損なわれたり、構造木部が腐朽に至り、住まいの省エネ効率を低下させ、構造安全性をも脅かすことにつながっています。

外壁内部の隠蔽部分の排湿を目的として開発された通気工法も、躯体外面に張られる防風透湿シートの施工は、シートの継手や端部の押えを完全な状態にしなければ、通気層に含まれる湿気が壁体側に侵入して結露を発生させる現象が起きやすくなります。シートの張り方に膨らみや皺が生じたり、継手部や端部の捲れなどが、その原因とされています。
この通気工法の目的は、壁体内結露を防ぎ木造建物の劣化リスクを抑制することにより、耐久性向上を維持することにあります。品確法における劣化軽減措置の一つに、外壁内通気工法の仕様が評価基準として規定されており、最近ではサイディングなどを外壁に乾式外装材を使用する場合は、ほとんどがこの外壁内通気工法を採用しています。
また現在の住宅保証制度においても、外壁のサイディングは通気工法で施工することが保証条件となっています。

ハウゼコの通気工法の構造
2015年度版 総合カタログ