通気構法とは

外壁内部を除湿して建物を守る通気構法。

通気構法とは

最近の住宅は、在来木造住宅においても気密や断熱性能が著しく向上しています。その結果、壁体内部での結露の発生が大きな問題となっています。結露すると柱や間柱、土台等構造体の腐朽による耐久性能の劣化、断熱材の濡れによる断熱性能の低下をもたらすことになります。多くの弊害をもたらす壁体内の湿気を滞留させない為の排湿を目的として設けるのが、外装材と躯体の間に防風材(透湿防水シート)により区画された〝通気層〟を設けた「通気構法」です。また、最近では外壁仕上げ取り合い部などから浸入した雨水を速やかに排出する雨水浸入防止対策に有効な構法としても採用されています。

木造住宅の外壁の隠蔽された空洞部(柱部)には、室内からの湿気の侵入や仕込まれた断熱材の僅かな隙間が原因で建物内外の温度差による結露が常習化します。

外装材と躯体の間に設けられた通気層には常に気流が流れ、この気流により壁体内に滞留する湿気を吸出す事で湿気の飽和状態を抑制し結露を防ぐ仕組みが「通気構法」であり木造の耐久性向上に不可欠な条件とされています。しかし残念な事に外壁内の結露やカビが発生する事故が後を絶ちません。

1
図-1 通気構法


外壁内結露事故の多くが通気経路欠損や透湿防水シートの僅かな施工不具合が原因とされています。結露によって断熱性能が損なわれたり構造木部が腐朽したり、住まいの省エネ効率を低下させたり、構造安全性をも脅かすことにつながっています。

外壁内部の隠蔽部分の排湿を目的として開発された「通気構法」も、躯体外面に張られる〝透湿防水シートの施工はシートの継手や端部の押えを完全な状態にしなければ、通気に含まれる湿気が壁体側に侵入し結露を発生させる現象が起き易くなります。シートの張り方に膨らみ・シワ・めくれ・たるみが生じたり、断熱材のせり出しが生じたりがその原因とされています。また、通気構法においては、通気層内の空気が十分に流れるように適切に設けることが必要です。特に胴縁は通気が阻害されないように配置しなければなりません。開口部周辺は、建具枠周囲の通気が可能なように最低30mm程度の隙間を設ける。横胴縁は、1820mm内外に最低30mm程度の通気のあきを設ける。


2
図-2 通気経路

この「通気構法」の目的は、壁体内結露を防ぎ木造建物の劣化リスクを抑制する事により耐久性向上を維持することにあります。品確法における「劣化軽減措置」の一つに外壁内通気構法の仕様が評価基準として規定されており、最近では、サイディングなどを外壁に乾式外装材として使用する場合は、殆んどこの通気構法を採用しています。

また、現在の住宅保証制度においても外壁をサイディングとする場合は、通気構法で施工することが保証条件となっています。

 

 

通気構法を採用することのメリット

(1)室内で発生し、壁体内に侵入した湿気を壁の外に排出することにより、壁体内の乾燥を保ち、結露を防ぎ、家を長持ちさせます。

(2)外壁のすき間等から浸入した雨水を、壁体内に浸入させずに屋外に排出します。

(3)通気層による遮熱効果により外気温の影響を少なくし、省エネになります。

 

 

2015年度版 総合カタログ