トップ > 製品紹介 > 換気キーワード > パラペット換気とは

パラペット換気とは

近年、急増する「キューブ型デザイン住宅」。それらに用いられるパラペットとは、屋根を取り囲む様に立ち上げられた壁(手摺り壁)のことです。三方にパラペットを立ち上げた金属(立平)葺き三方パラペット屋根住宅はその代表的な例で、スタイリッシュでシンプルな外観が人気で、新しい家の形として提案する工務店や設計事務所が急増しています。しかしそれらの事業者の多くはパラペットに潜む危険性を知らずに提案している場合が多く、ほとんどがパラペット意匠の結露の危険性を理解していないのです。

パラペット住宅の屋根面積はバルコニー床面積より大きい為、日射や放射冷却の影響を受けやすい部位といえます。換気キーワードの「屋根換気とは」で述べたとおり、熱気や湿気を滞留させないのが重要です。三方パラペット住宅の場合、パラペット内の間柱間の換気とパラペット壁と屋根の取り合い部分の換気が重要です。

また、日本古来の住宅は、軒の出を深くとる事で日差しの調整や、外壁流下雨水量を抑制してきました。これに比べ、パラペットは外壁流下雨水量が増加し、シーリング切れなどの雨水浸入経路があると通気層や躯体内へと雨水が浸入し、木部が腐朽する原因となります。また、換気キーワードの「笠木板金とは」で述べたとおり、笠木周辺部は漏水や結露リスクが高い部位です。



そこで、三方パラペット住宅用換気通気部材セット『ハウゼコセットA』では、パラペット内の換気と通気層の通気、特に湿気が滞留しやすい入隅部の通気、パラペットと屋根の取り合いには立平用雨押え換気棟、笠木板金をトータルで提案。小屋裏の熱気や湿気は換気棟から、壁内は笠木下換気部材にてパラペット換気を実現。パラペットに潜む危険から住まいを守ります。

 

2018版総合カタログ