トップ > ニュース > セミナー > KENTEN2018建築プロフェッショナルセミナー“工務店がクレームを回避するために技術研究所を持つ方法”が開催されました。

KENTEN2018建築プロフェッショナルセミナー“工務店がクレームを回避するために技術研究所を持つ方法”が開催されました。 | 笠木換気材や換気棟とバルコニーやパラペットの換気はハウゼコ



去る6月8日(金)、日本経済新聞社主催KENTEN2018会場インテックス大阪国際会議ホールにて、神戸睦史が講師を務めた“工務店がクレームを回避するために技術研究所を持つ方法”が開催。耐久性分野から神戸、構造分野から佐藤実氏、温熱分野から松尾和也氏という各分野の第一人者が集結。「耐久性」のテーマでは神戸より、キューブ型住宅の劣化事例、高耐久性を満足する為通気層・換気量の確保の重要性、また弊社の換気部材の研究開発や施工事例を紹介。

また3名の講師によるパネルディスカッションでは、住宅性能の正しい情報を建前なしで語り尽くし、ご来場の実務者様にとって大変興味深い内容となりました。