トップ > ニュース > 日本で初めての開発!換気・通気・雨仕舞いを構法提案。日刊木材新聞にハウゼコセットA・Bが紹介されました。

日本で初めての開発!換気・通気・雨仕舞いを構法提案。日刊木材新聞にハウゼコセットA・Bが紹介されました。 | 換気棟とバルコニーやパラペットの換気は株式会社hauseco(ハウゼコ)



木造住宅の換気、通気、雨仕舞いなどの分野で他の追随を許さないハウゼコ。日刊木材新聞にて、三方パラペット用換気・通気部材セット「ハウゼコセットA」。片流れ屋根住宅換気・通気部材セット「ハウゼコセットB」が掲載。換気、通気、雨仕舞いのトータルな構法提案より、漏水事故や劣化事故から住宅を守ります。ハウゼコは住宅用換気・通気部材をワンストップで供給できる住宅用換気部材メーカーです。



『換気、通気、雨仕舞いを工法提案』

―キューブ型住宅の漏水事故を解決―

住宅用換気部材メーカーのハウゼコ(大阪市、神戸睦史社長)は、木造住宅の換気、通気、雨仕舞いなどの分野では、他社の追随を許さない業界トップクラスだ。特にパラペット周りの換気、通気、雨仕舞いをトータルに行える構法を日本ではじめて開発するなど、

大手の住宅メーカーや分譲ビルダー、工務店に数多く採用されている。

この背景には、キューブ型住宅が築後1年にもかかわらずパラペット周辺部の雨漏りによる漏水事故が増え、加えて通気欠損が原因でパラペット壁の内部に腐朽菌が発生する劣化事故が多発しているが、解決を図るための“標準納まり”が確立されていなかった。そこで同社が、パラペットの躯体内の換気と通気層の通気、入隅部の通気、立平用雨押え換気、笠木板金の部材をトータルで提案可能なセットである三方パラペット住宅用換気・通気部材セット「ハウゼコセットA」を開発し、市場に提案している。ハウゼコセットAは、換気部材と一体型で、横からの釘打ちの完全ホールレスタイプの「アンタレス・ホールレス・パレペットキャップⅡ(パラペット用換気部材付笠木板金)」、もしくは換気部材分離タイプ「アンタレス・ホール・パラペットキャップ(パラペット用笠木板金)」、「アンタレスミニ(バルコニー・パラペット用換気部材)」や「インコーナーベンチレーションハット(通気入隅ハット)」、「アンタレスベント(腰壁換気部材)」、「ベテルギウスT(立平用換気雨押え)」で構成されている。

一方、片流れ屋根住宅用換気・通気部材セット「ハウゼコセットB」は、ベガステップBS(平型化粧スレート・シングル兼用片流れ換気棟)やデネブキャップ ベンチレーションB(広小舞上換気部材)、デネブウォータープルーフパッキンB(防水ケラバパッキン)、アンタレスミニ(バルコニー・パラペット用換気部材)、デネブウォータープルーフモールディング(防雨型通気見切り)で構成され、軒ゼロ住宅の軒先換気、妻壁通気層の通気、緩勾配の小屋裏換気部材をセットで提案している。